インプラント手術についての注意点

インプラント治療 禁忌

・重度の高血圧・糖尿病・骨粗しょう症罹患、長時間の開口保持が困難な方
・術後のセルフケア及び定期検診の通院が困難な方
・他の要因に関わらず歯科医師及び医師の判断により当該手術が不可と判断された方

施術前の承認事項

インプラント治療は、チタン製の人工歯根を顎骨へ埋入する手術です。
施術一定期間後、埋入したインプラント体と顎骨が結合し、強固な歯根となります。
インプラント体に利用されているチタンは人体への親和性が高く、アレルギーの心配もない素材であり、インプラント治療においての副作用はほとんどないと言われています。

インプラント治療は、外科手術が必要であり、リスクを伴います。
医学的常識に基く手術が行われたにもかかわらず万一の不可抗力の事態が発生したり手術後に合併症・後遺症を発症する等のリスクを最大限に排除し管理を徹底しています。

術中のリスク

誤飲・誤嚥、施術に伴う痛み、手術周囲組織への損傷、多量の出血

施術後のリスク

施術後の腫れ・痛み・痺れ、内出血、インプラント周囲炎・周囲粘膜炎、口腔清掃不良による炎症及びインプラント体への悪影響、骨結合不良による再手術、合併症・後遺症の発症
将来ご自身での口腔清掃が行き届かなくなり、症状が発生したときは被せ物を取り換える必要がある場合もございます。


施術後の定期検診はご自身の日頃の手入れと共に非常に大切です。
定期検診を放棄し歯周病が進行すると、インプラントの部位のみでなく周りの歯にも影響を及ぼします。
当院では、施術後経過良好な方も含め、年に1度は定期検診を受けていただいております。

インプラントについてインプラント治療治療の流れインプラント費用審美歯科治療診療のご案内歯科医師・スタッフ紹介口腔ケアアクセス
お問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Copyright © 医療法人社団 吉田歯科口腔外. All Rights Reserved.