インプラントについて

義歯とインプラント治療の違い

義歯とインプラント治療の違い

義歯は従来から行われている一般的な治療法です。
保険診療で手軽にできます。しかし、本当に良い治療法かというと私は疑問です。痛くて噛めないとか煩わしいとかは多くの場合調整すれば解決します。本当に問題なのはバネをかけている歯が徐々に緩むことで、歯が1本ずつ抜けていきます。
ブリッジは固定性で煩わしさは少ないのですが、健康な歯を削るという大きな問題があります。
また、土台の歯の負担が大きいため長期的な観点では歯を喪失する確率は高くなります。

インプラント治療は従来の義歯やブリッジの欠点を見事に解決しています。
歯を喪失した部分にチタン製の人工歯根を埋め込んで歯を創ります。
チタンは金属ですがアレルギーがなくそればかりか顎の骨と強固に結合します。
きちんと管理すれば耐久性は半永久的なので第2の永久歯とも呼ばれています。
私は自信を持ってインプラントを勧めます 。

総義歯のインプラント治療

顎の骨に埋め込んだ少ない本数のインプラント体*を支えとしてブリッジをかけ、失った複数の歯を補います。

■特徴
・歯が無い部分でもブリッジ治療が可能です。
・以前埋め込んだインプラント体*をそのまま利用できます。
・天然歯のような噛み心地と審美性が実現できます。
*インプラント体とは、顎の骨に埋め込むネジ型の人口歯根のことです。

顎の骨に埋め込んだ少ない本数のインプラント体*を支えとして、それに入れ歯を固定します。

■特徴
・しっかりと噛めるようになり、入れ歯が外れる心配がなくなります。
・インプラント本数が少ないので、体にも経済的にも負担の軽い治療が可能です。
*インプラント体とは、顎の骨に埋め込むネジ型の人口歯根のことです。

歯周病のインプラント治療

歯周病は患者さんにとって最も厄介な口腔疾患のひとつです。
長期間の治療が必要ですしメンテナンスはほぼ一生です。
ところで結果はどうでしょう私の症例では結局抜歯になる場合も少なくありません。
インプラント治療との併用では安定した結果が得られます。


予知性に優れた治療法です。

インプラントについてインプラント治療治療の流れインプラント費用診療のご案内歯科医師・スタッフ紹介口腔ケアアクセス
お問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

Copyright © 医療法人社団 吉田歯科口腔外. All Rights Reserved.